FC2ブログ

季節(トキ)の硲で…

小さな庭を眺めながら 徒然なるままの独り言…しばしおつきあいいただければ幸いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

閑話休題~小さな旅•余談











3月3日のプチ旅
鎌倉郵便局前で出逢ったさくらです


河津桜にしては花色が淡く
まだ 展葉もしていなくて
初めて見るさくらだな…名前 知りたいな
そんなことを考えながら
写真を撮りました


調べる時のこと 考えて
そうだ 萼筒と萼片も撮らなきゃね
…なんて呟きながらね


そうしたら
隣でやっぱり写真を撮っていた
若いふたり組の女性が
「さくらって 萼で見分けられるんですか?」って
声をかけてきたの
それまで お互いに邪魔にならないよう
なんとなく曖昧な笑顔を交わしながら
写真 撮っていたんだけど
その瞬間 急に距離がなくなった気がして
春の鎌倉の花情報とか 交換ました


ただ それだけの
ほんの5分ばかりのことだったんですが
家に帰って 写真を整理しながら
思い出したことがあるんです
それは 前回…12月に明月院を訪ねた時のこと


時 折しも紅葉の盛り
カメラを構えたたくさんのひと達が
庭園の錦秋のひとコマを捉えようと訪れていました











本堂後庭園が紅葉にあわせて公開され
開園前にはすでに門前に10人以上のひと
脇目も振らず 本堂を目指す背中を見送ってから
わたし達はゆっくりと園内を進みました
紅葉 綺麗でしたよ…ほんとうに


本堂に着くと あの有名な丸い窓を見ようと
たくさんのひとが並んでいました
わたし達は「窓より庭よね」って
まぁ…例の窓は庭から眺めればいいかな って(笑)


本堂脇でお金を払って お庭に進みます
すぐ裏手の紅葉がそれは見事で
陽射しが朱金色に煌めいて見えるほど
わたし達のすぐ前に小柄なおばあちゃんがふたり
うっとりともみじを見上げていて
わたし達は 失礼ながらそのアタマ越しに
写真を撮ったりしていました







そしたらね
綺麗な景色に似合わない
苛立った声が言ったの


「いい加減でどけよ 待ってるんだから」


…そりゃそうよね
みんな お庭が観たくて来てるんだもの
わたし達で占領しちゃいけないわ


おばあちゃん達は何度も
「ごめんなさいね」って謝りながら場を譲り
わたし達も先へ進むことにしました
その背中にかけられたのが次の言葉です


「スマホなんかで写真撮ってる気になるんじゃねーよ」


わたしが すごぉく気が強いって知ってる旦那さまが
ぴくりと眉をあげて「カメラ 出す?」って訊きました
面倒だからあんまり使わないけど
一応 それなりのカメラとレンズ 持ってたから…
ほら スマホじゃどうしても思うように撮れないものって
やっぱり あるじゃないですか


でも わたし達はお庭を『観に』行ったわけで
『写真を撮りに』行ったわけじゃないの
ブログに使うのはスマホ写真で十分だし
そもそも シーズン真っ盛りの観光地で
ひとを邪魔だと思ったら写真なんか撮れません







その後も 件のカメラマン気取りさんは
わたし達の行く先々に現れ
ブツブツと「ジャマなんだよ」「退けよおっさん」
「ケータイで撮れるかよ」などと
聞こえよがしに言いながら通路のど真ん中に陣取って
おそらくはお高いのであろう立派なカメラを構え
そぞろ歩くみなさんの『邪魔』をしていたのでした


まぁ…ね お庭は広いから
離れてしまえばそんな輩も気にはなりません
わたし達は 彼を避けて美しい庭園を堪能したあと
偶然 再び見かけたカメラマン気取りさんの側で
彼の邪魔をしてしばらく楽しみました(笑)


いえね
うちの旦那さまは
日向で昼寝する牛みたいに
穏やかな性格なんですけど
190cm近い長身で マジ強面なんです
で カメラマン気取りさんはわたしより小柄だったの
わたし達は ただ 彼のそばで
「綺麗だね~」ってお庭を観てただけ


彼がファインダーを向ける先々でね










わたしね 写真を撮るのも見るのも大好きです
でも それを生業にしてるわけじゃなし
他人さまを『邪魔者扱い』なんて許されないと思う
郵便局前で出会ったひと達と のように
お互いに譲り合いながら撮ればいいんじゃない?


インスタ映えだかなんだか知らないけど
道の真ん中占領してみたり
ひとさまのお宅に侵入したり
花壇 踏み荒らしたり 花を千切ったり枝を折ったり
そんなにしてまで撮った写真に何の価値がありますか
そーいうの 大っ嫌いなんです
いくらでも邪魔しちゃいます わたし


同時に そんな傍若無人なカメラマンのひとりにならないよう
人のふり見て我がふり直さなきゃね なんて
思ったりします


何より 思い出はまず こころに刻むもの
そのためには ただ一心にみつめることも
大切なのではないでしょうか


そうそう
鎌倉郵便局前のさくらは 多分
オオカンザクラではないか と思います
























スポンサーサイト

 flower

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。