FC2ブログ

季節(トキ)の硲で…

小さな庭を眺めながら 徒然なるままの独り言…しばしおつきあいいただければ幸いです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

常世のbouquet











優美に反り返る
蕊の先 ひとつひとつに
午後の陽射しが 宿る


さわり と梢が鳴る
陽光(ヒカリ)の断片が揺らめく


乾いた風が
汗ばんだ首筋を
からかうように撫でてゆく


秋彼岸


彼の世はゆるりと近づいて
さらりと遠ざかる
時の硲 ちらりとのぞく
昨日と今日の境目に
群れ咲く緋い花が
見えたような気がした


宵に灯す篝火のように


季節 という絵を描く神々が
常世の黄昏に飾る
緋い花束(ブーケ)


此岸と彼岸が近づく証のように
季節の約束を違えずに 咲く花には


陽光(ヒカリ)が似合う























スポンサーサイト

 flower

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。