L'autre côté de gouttes de pluie...









息をつめて
そっと 覗きこむ
薔薇の薫りを閉じこめて
幽かに揺れる
異世界への 扉


とろり と
名残の雨が結んだ雫


そっと さしのべる指が
不意に 吸いこまれそうな
不可思議な錯覚が
少女(コドモ)の頃の夢想(ユメ)を
思い出させて


雨あがり
半袖の腕に
ひぃやりと
冷たい風が


夢と現実の硲を
ゆるやかに流れていた


夕間暮れ



















スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する