季節(トキ)の硲で…

小さな庭を眺めながら 徒然なるままの独り言…しばしおつきあいいただければ幸いです

日日是好日~翠嵐の頃









季春と初夏の硲
長い優美な尾をひいて
名残の春が
今日の地平へと駆けてゆく


すれ違う風は
芽吹く翠と花の匂い


雨待ちの午後
ふと 凪いだ風に
藤の花房が
しん …と静まって
あたりに 花の香が満ちた


異界を覗きこむように
花の中へ踏みこんだ時


花の驟雨に囲まれて
すぐそばにいる初夏の
密やかな息遣いを感じた


5月の山に吹く風を
翠嵐 と呼ぶのだ …と
教えてくれた友を想う


今頃 彼の愛するふるさとの山も
こんな匂いの蒼い風に
包まれているだろうか


















スポンサーサイト

 season

0 Comments

Leave a comment