Index

梅雨らしくなかった梅雨が明けて夏本番の灼

2017/07/21 (Fri) 01:21 | season

あっつーーーーーいっっっ(−_−;)そりゃ

2017/07/20 (Thu) 15:51 | flower

めぐる季節その一瞬ごとに愛する風景は あ

2017/07/19 (Wed) 00:09 | monologue

まるで 汀のような雲が淡い暮色に染まった

2017/07/18 (Tue) 00:20 | sky

2017.07.16.送り盆の灯籠流し逝ってしまっ

2017/07/17 (Mon) 08:20 | season

水無月の 夏越の祓するひとは 千年の命のぶ

2017/07/01 (Sat) 01:06 | season

傘をさそうか さすまいかちょっと 迷うそん

2017/06/29 (Thu) 00:29 | flower

ふと 見上げた枝先合歓の花の淡い gradatio

2017/06/28 (Wed) 01:16 | flower

日暮れが近づくと合歓木は小さな葉を閉じる

2017/06/25 (Sun) 00:55 | monologue

雲に覆われた空降りたそうで降らない雨の気

2017/06/25 (Sun) 00:19 | monologue

真っ白な梨の花を見たのはさくらの散華を見

2017/06/24 (Sat) 00:05 | season

一昨日 久々に降った雨は思っていた以上の

2017/06/23 (Fri) 20:11 | standard daytime

うっすらと天(ソラ)を覆ってみたり嘘のよう

2017/06/20 (Tue) 00:30 | sky

それにしても 降らないねぇ…雨

2017/06/19 (Mon) 23:57 | flower

ぽつり ぽつり花びらに そっと載せようとす

2017/06/19 (Mon) 00:11 | season

果たせないままの約束や未来が見えない不安

2017/06/11 (Sun) 00:00 | あなたへ…

梅雨時を迎えていよいよ無法地帯になりつつ

2017/06/10 (Sat) 22:05 | flower

梅雨入りしたかと思ったら2日続きで梅雨晴

2017/06/10 (Sat) 09:57 | season

天(ソラ)が 暗くなったひぃやりと 風が渡っ

2017/06/07 (Wed) 22:22 | season

目指せ 天辺‼︎

2017/06/07 (Wed) 22:06 | flower

照りつけた強い陽射しがまるで 嘘…だったか

2017/06/04 (Sun) 20:31 | sky

鎌倉•報国寺の竹の庭で出会ったユキノシタ

2017/05/31 (Wed) 23:04 | flower

チャーミングなベル咲きのクレマチスなんだ

2017/05/31 (Wed) 22:50 | flower

晩御飯の買い物に行く途中何かに呼ばれたよ

2017/05/31 (Wed) 22:46 | flower

澄んだ皐月の蒼空(ソラ)を絶えず 雲が走っ

2017/05/29 (Mon) 11:01 | season

午前(アサ)の陽射しがすらり と天(ソラ)を

2017/05/29 (Mon) 00:05 | season

報国寺さんは言わずと知れた竹庭が有名なお

2017/05/28 (Sun) 13:28 | season

午前中 まだ早いうちにも陽射しはもう 強く

2017/05/28 (Sun) 13:03 | season

雨上がりの土曜日心地よい風に誘われて鎌倉

2017/05/28 (Sun) 10:48 | season

旅立つその瞬間こころを過るのはどんなこと

2017/05/27 (Sat) 23:09 | season

『薔薇色』

2017/05/27 (Sat) 01:19 | flower

眺めても眺めても見飽きることのない晩春と

2017/05/27 (Sat) 01:06 | season

ねぇ…そこの 隅っこでいいからちょっとだけ

2017/05/26 (Fri) 23:59 | いのち

花に宿る雫を集めたものが香水なんだ って

2017/05/13 (Sat) 23:45 | しずく

息をつめてそっと 覗きこむ薔薇の薫りを閉

2017/05/13 (Sat) 23:22 | しずく

まだ 星が見えるほど暗くはない夕暮れ時雨

2017/05/13 (Sat) 20:54 | flower

茶の葉の緑が清水の町の5月の色なら蜜柑の

2017/05/11 (Thu) 23:28 | season

季春と初夏の硲長い優美な尾をひいて名残の

2017/05/09 (Tue) 21:13 | season

. 風に蜜柑の花が薫る午後君は わたしの膝

2017/05/07 (Sun) 03:15 | あなたへ…

八十八夜を迎えて茶畑も活気づく清水の町で

2017/05/03 (Wed) 02:34 | season

なんだか 不思議4月も 余すところあと2日だ

2017/04/29 (Sat) 01:19 | season

蒼空(ソラ)のカケラのような花と一緒に満開

2017/04/29 (Sat) 01:02 | season

それは もう何年も前から誰も 何も作らない

2017/04/27 (Thu) 14:29 | flower

夜明け前のほんのしばらく響いた雨音は気づ

2017/04/27 (Thu) 14:10 | flower

それは 麦畑…というほどのものでなく世話を

2017/04/26 (Wed) 01:40 | season

咲いた花は必ず散るのです散って 実を結び

2017/04/24 (Mon) 22:46 | flower

ひっそりと俯いて小さな花は咲くのです誰に

2017/04/23 (Sun) 00:42 | flower

花盛りの季節だからのんびり休んでなんかい

2017/04/22 (Sat) 23:56 | いのち

森を縁取るさくらが 散って今年の緑が 芽吹

2017/04/19 (Wed) 00:21 | season

お陽さまのかたちの花たちに雨上がりの花の

2017/04/19 (Wed) 00:03 | season

叩きつける 雨と吹き荒ぶ風の音を 聞いた一

2017/04/18 (Tue) 23:54 | season
150: 桜闇

光が強ければ強いほど闇が 深くなるような…

2017/04/17 (Mon) 01:37 | season

昼も 夜も さくらはただ ひたすらに咲くの

2017/04/17 (Mon) 01:01 | season

昨日までの 日々にこころからありがとう明

2017/04/15 (Sat) 01:39 | season

終わらない季節は ないのですそれを知って

2017/04/13 (Thu) 01:03 | season

週末の温かな雨に誘われて咲き零れるさくら

2017/04/13 (Thu) 00:55 | season

温かな 漂うような雨が枝に 若葉に凝ってと

2017/04/12 (Wed) 00:10 | しずく

陽射しのない薄墨色の天(ソラ)から絶え間な

2017/04/11 (Tue) 00:43 | flower

音もなく降る雨は水面に静かに落ちて微かな

2017/04/11 (Tue) 00:32 | season

枝をたわわに埋めて花海棠が 咲う今年も 精

2017/04/10 (Mon) 01:13 | しずく

さくら 満開の鎌倉は折りしも 花祭り暖かな

2017/04/10 (Mon) 00:56 | season

春の天(ソラ)やわやわと 陽光(ヒカリ)長い

2017/04/05 (Wed) 00:28 | flower

めぐる季節その 春の気配を感じるたびに待

2017/04/02 (Sun) 01:08 | flower

季節の振り子がほんの少しだけ冬を懐かしん

2017/04/02 (Sun) 00:38 | しずく

野原に自生しているムスカリ…では ないので

2017/03/30 (Thu) 00:13 | season

建ち並ぶ 家と家との間にぽっかりと残った

2017/03/29 (Wed) 23:40 | season

ゆらり 揺られて陽射しに透けて春の日 とい

2017/03/29 (Wed) 02:36 | flower

春の陽射しに笑顔満面温まった大地と天(ソ

2017/03/29 (Wed) 02:27 | flower

季節はずれの冷たい雨が嵐のように吹きつけ

2017/03/28 (Tue) 00:00 | season

柔らかな 柔らかな野の草の みどり燦燦と降

2017/03/21 (Tue) 01:01 | season

春彼岸に相応しく穏やかで暖かな 一日満開

2017/03/21 (Tue) 00:54 | season

小さな恋人たちみぃつけた

2017/03/19 (Sun) 21:54 | season

陽射しがあったかくて陽光(ヒカリ)が眩しく

2017/03/19 (Sun) 21:49 | season

あなたが そばにいればいつだって そこは春

2017/03/17 (Fri) 00:14 | flower

白く咲く雛桜枝越しに 春の青あぁ…今年もま

2017/03/13 (Mon) 00:05 | monologue

田圃の畦道誰が植えたか白いクロッカス午後

2017/03/12 (Sun) 23:45 | flower

どんなに長い冬だって必ず 終わりを迎える

2017/03/10 (Fri) 23:35 | season

さくらの花って ね星を抱いて咲いてるんだ

2017/03/09 (Thu) 23:53 | flower

穏やかな春の日に冬が 置き忘れていった名

2017/03/09 (Thu) 01:24 | season

季節を描く神さまのパレットには数えきれな

2017/03/08 (Wed) 01:11 | flower

季節を忘れずに咲いてくれる花のはにかむよ

2017/03/07 (Tue) 00:58 | flower

確かに…確かに季節はその歩みを重ねて春の

2017/03/06 (Mon) 00:44 | season

雨が降って雨があがって陽射しが溢れて温も

2017/03/04 (Sat) 00:43 | season

雨が降れば 雨に陽射し降れば 陽射しに季節

2017/03/02 (Thu) 23:36 | しずく

どんな曇り空でもたとえ 土砂降りの雨でも

2017/02/28 (Tue) 23:31 | monologue

明日からはもう 3月だねそんなこと 話しな

2017/02/28 (Tue) 21:07 | monologue

枝の其処此処白いさくらが陽射しに咲う蒼空

2017/02/27 (Mon) 23:33 | season

雪の降らない町にも雪 を名に持つ花は咲く

2017/02/27 (Mon) 16:17 | flower

春 という季節の加速度は他のどの季節より

2017/02/27 (Mon) 11:23 | season

堅い殻のような花芽の中に細いリボンのよう

2017/02/26 (Sun) 22:20 | flower

わたし ねあなたのことが大好きなんだよこ

2017/02/26 (Sun) 21:59 | あなたへ…

あるかなしかの風に髪を遊ばせながら暮れか

2017/02/26 (Sun) 00:24 | sky

あ…‼︎ごめんねっっもう 弾けちゃった(笑)だ

2017/02/25 (Sat) 20:40 | flower

そろそろ弾けちゃ ダメ?もう いいんじゃな

2017/02/25 (Sat) 20:37 | flower

微かな…微かな囁きが聞こえてくるような気

2017/02/25 (Sat) 20:27 | flower

今日も いいお天気でしたぬくぬくとしあわ

2017/02/25 (Sat) 19:02 | standard daytime

擦り切れて ボロボロになってしまうまで夢

2017/02/17 (Fri) 22:21 | あなたへ…

春一番が吹いた とニュースが告げるカーテ

2017/02/17 (Fri) 15:51 | season

どんなに冷たい風が吹いてもココロに花を咲

2017/02/06 (Mon) 00:33 | season

たとえば掌で掬いあげる真冬の陽射しほどの

2017/02/01 (Wed) 23:38 | season

春は ね寒のさなかには もう育ち始めて い

2017/01/23 (Mon) 22:44 | flower

海辺の公園は潮風が冷たいけどね冬毛はもふ

2017/01/23 (Mon) 22:17 | standard daytime

とりとめもない独り言に最後まで付き合って

2017/01/22 (Sun) 14:14 | あなたへ…

あなたの存在はわたしにとっていつも 見上

2017/01/22 (Sun) 13:03 | あなたへ…

一度は ね あの震災のあとわたしが何を思い

2017/01/22 (Sun) 01:22 | あなたへ…

蒼空(ソラ)を見上げるのが大好きだったよね

2017/01/20 (Fri) 00:24 | あなたへ…

何気なく咲く花が好きだったあなたに手向け

2017/01/19 (Thu) 19:36 | あなたへ…

あの年…1995年に生まれた子供達が今年 22歳

2017/01/19 (Thu) 13:34 | あなたへ…

ふっくらと膨らんだ蕾を零れるようにつけた

2017/01/19 (Thu) 11:42 | season

BGM/奇跡~大きな愛になりたい(by Masashi

2017/01/13 (Fri) 23:39 | sky

蒼空は高く空気は すん…っと澄んでふと 見

2017/01/11 (Wed) 23:52 | sky

小さなお山の公園の陽当たりのよい梅園に早

2017/01/11 (Wed) 23:44 | flower

船越堤公園の河津桜です開花目前の蕾が枝い

2017/01/11 (Wed) 23:32 | flower

天鼓予報が告げる今季最強の寒波…といえど

2017/01/11 (Wed) 23:27 | season

いつもの年よりも早く冬のさくらが咲き始め

2016/12/29 (Thu) 01:23 | monologue

穏やかな1日は穏やかに 暮れて残り僅かな今

2016/12/21 (Wed) 01:28 | season

もう 随分と以前に廃線になってしまった旧

2016/12/21 (Wed) 00:52 | season

師走も半ばを過ぎて新しい年の足音がそろそ

2016/12/21 (Wed) 00:31 | season

陽光(ヒカリ)と翳が染め上げ描き出した 季

2016/12/13 (Tue) 00:10 | season

蒼空(ソラ)に映える晩秋の陽射し色

2016/12/13 (Tue) 00:06 | season

風に閃めく 陽光(ヒカリ)

2016/12/13 (Tue) 00:04 | season

たとえお天気が下り坂で西の空から雲が押し

2016/12/12 (Mon) 18:21 | わたしの町

1週間が過ぎて船越のお山の彩りはどうやら

2016/12/12 (Mon) 18:00 | season

今年の暦も残りはあと 僅か師走も間もなく

2016/12/12 (Mon) 01:59 | flower

陽射しのぬくもりとは裏腹に吹きつける風は

2016/12/10 (Sat) 00:55 | sky

遠くから見るとまるで ブロッコリーのもこ

2016/12/07 (Wed) 12:28 | season

メタセコイアの枝がナナメに傾く太陽をそっ

2016/12/07 (Wed) 12:10 | season

モミジバフウの森は少しずつ 色を深め始め

2016/12/07 (Wed) 11:59 | season

5日ばかり前の駿府城公園•紅葉山庭園ですよ

2016/12/06 (Tue) 23:03 | season

冬に咲くさくらが迎えてくれる山のお寺は秋

2016/12/06 (Tue) 22:43 | season

絶え間なく吹きつける風はそれほど 冷たく

2016/12/06 (Tue) 15:05 | season

晩秋の陽射し晩秋の蒼空(ソラ)に映えて時折

2016/12/06 (Tue) 00:24 | monologue

どんなものにも きっとあるべき姿が あって

2016/12/06 (Tue) 00:12 | monologue

それは 庭園なのですからいかに美しく木々

2016/12/05 (Mon) 14:50 | monologue

燦燦と 陽射しは降って錦繍に染まった木洩

2016/12/05 (Mon) 14:03 | season

ナナメに射す陽光(ヒカリ)あるかなしかの

2016/12/03 (Sat) 20:02 | season

冷たい雨が降った晩秋の夜も必ず 明けるよ“

2016/12/02 (Fri) 13:22 | しずく

“ 何処も同じ秋の夕暮れ ”…そう詠んだのは

2016/11/29 (Tue) 23:49 | sky

どんなに想いをこめて見上げても蒼空(ソラ)

2016/11/28 (Mon) 22:42 | monologue

頬っぺたをくすぐる風は冷たくて冬の上着の

2016/11/26 (Sat) 01:22 | monologue

雨あがりの陽射しが穏やかに降り注ぐ 朝辛

2016/11/22 (Tue) 08:32 | monologue

小春日和の昼さがりうすべにいろの揺籃でま

2016/11/20 (Sun) 12:04 | season

公園の夏椿が陽だまり色に染まって気がつけ

2016/11/19 (Sat) 00:35 | season

常春の町も 秋色静岡市葵区•駿府城公園メタ

2016/11/18 (Fri) 00:09 | season

日ごと 高くなる蒼空(ソラ)を指して誇り高

2016/11/17 (Thu) 23:01 | flower

まだ 青々とした葉蔭に艶やかな秋色みぃつ

2016/11/07 (Mon) 01:27 | season

“ Blottir à votre douleur ”あなたにとっ

2016/11/04 (Fri) 01:31 | monologue

ほら…秋色に染ってる雨上がりわたしの町に

2016/11/01 (Tue) 20:37 | season

雨上がり雲が切れて ようやく顔を出した 蒼

2016/11/01 (Tue) 20:02 | sky

たとえば水辺に咲く野の花の小さな 小さな

2016/10/27 (Thu) 14:58 | flower

どんな夜も必ず朝に続いているし止まない雨

2016/10/27 (Thu) 00:42 | monologue

錦繍の彩りにはまだまだ ほど遠いけれど常

2016/10/24 (Mon) 01:17 | season
47: Espoir

水色の蒼空(ソラ)が広がってた 午前(アサ)

2016/10/21 (Fri) 02:38 | monologue
46: Cosmos

宇宙(ソラ)と同じ名前を持つ花だから背伸び

2016/10/17 (Mon) 00:03 | flower

時折あるかなしかの風が水面を撫でて水鏡が

2016/10/16 (Sun) 23:53 | flower

陽射しを“暑い” ではなく “暖かい” と感じ

2016/10/16 (Sun) 01:04 | flower

陽射しのぬくもりを心地よい って思った風

2016/10/16 (Sun) 00:56 | sky

背伸びして背伸びしてたとえ 届かなくたっ

2016/10/14 (Fri) 01:08 | sky

ふわり 雲が流れるゆらり 花が揺れる薄手の

2016/10/13 (Thu) 01:09 | sky

急に 風が秋めいて野の花が慌ただしく実を

2016/10/12 (Wed) 02:17 | season
39: 秋唄

昨日とは違う風が 吹いた項で揺れる髪の感

2016/10/11 (Tue) 02:17 | season

多分 10年前ならそれほど遠いと思っていな

2016/10/10 (Mon) 00:46 | monologue

雨あがりの散歩道そろそろ 紫苑の花も終わ

2016/10/08 (Sat) 20:29 | flower

雨あがりの南天に蜘蛛の巣の雫細いレース糸

2016/10/08 (Sat) 20:06 | monologue

子供の頃魔法の呪文みたいな名前だ って思

2016/10/08 (Sat) 02:09 | flower

さしたることもなく嵐は去ったほんのしばら

2016/10/07 (Fri) 01:53 | monologue

山の ずぅっと向こうには嵐が近づいていて

2016/10/05 (Wed) 14:52 | sky
31: 夜想

集く虫の音に誘われて窓を開ければ昼間の熱

2016/10/05 (Wed) 00:45 | sky
30: 秋霖

ニュースの映像が南の島の嵐を伝えるわたし

2016/10/04 (Tue) 00:12 | season

傘をささずに歩きたくなるような霧雨が漂う

2016/10/02 (Sun) 19:17 | sky

雨は 風に漂って天(ソラ)と大地の間を緩や

2016/10/01 (Sat) 23:01 | flower

今朝は 風がちょっぴり冷たくて金木犀が甘

2016/09/30 (Fri) 22:51 | season

駆け足で流れ来ては去る 雲秋らしくもなく

2016/09/29 (Thu) 23:24 | flower

思えばこの花を“彼岸花” と呼ぶのは偶々花

2016/09/28 (Wed) 19:51 | season

湿り気を帯びた南風が花の匂いを運んでくる

2016/09/28 (Wed) 19:33 | flower

庭に咲く花も愛おしいけれど季節の呼びかけ

2016/09/25 (Sun) 21:58 | flower

季節の呼びかけに応えて赫い 花が咲く雨に

2016/09/25 (Sun) 21:47 | flower
18: 初秋

淡い淡い夕暮れです

2016/09/25 (Sun) 18:37 | sky

西から東へ 嵐は駆け抜けて夏の名残のよう

2016/09/20 (Tue) 23:04 | 未分類

時折 吹き寄せる風に秋桜の華奢な首が 揺れ

2016/09/20 (Tue) 20:46 | 未分類

お昼くらいから ずっとテレビで音楽番組 や

2016/09/19 (Mon) 22:26 | monologue

季節を数える花があるその花に出会ってはじ

2016/09/18 (Sun) 00:56 | season

最近はあまり使っていないママチャリのカゴ

2016/09/13 (Tue) 15:47 | standard daytime

気がつけばいつの間にか咲いている花のよう

2016/09/12 (Mon) 21:02 | season

たとえ悩んでたって大好きなバウムクーヘン

2016/09/06 (Tue) 23:07 | monologue

季節はあたりまえの表情(カオ)でわたしの隣

2016/09/06 (Tue) 00:52 | season

赤ちゃんが生まれてくる時小さな手をぎゅっ

2016/09/05 (Mon) 00:20 | monologue

日暮れの風が昼間の熱を西の地平へとさらっ

2016/09/02 (Fri) 20:23 | season
26: 沈黙

信じてくれるひとだけ信じてくれれば いい

2016/09/02 (Fri) 00:24 | 未分類